薬膳,高瀬茶業組合,学ぶ,動く,お茶,癒し,薬膳ライン,yakuzen,line,香川県,高瀬,徳島県,高知県,愛媛県,四国
2021/06/11
【薬膳だより№18】暑いときのお役立ち「洛神(らくしん)」は… 山下
2021/05/22
【薬膳だより№17】早くても遅くても梅雨は「長夏」 山下
2021/05/09
【薬膳だより№16】メンタルやカラダが弱ったとき「いりこ」 山下
2021/05/05
【薬膳だより№15】土用開けました。今日は『立夏』 山下
2021/04/18
【薬膳だより№14】昨日から土用に入りました。土用と薬膳 山下
2021/04/14
【薬膳だより№13】今年は少し早いようです。カラダが欲しがる清熱 山下
2021/04/05
【豪州コラム】大雨を経て秋突入 中島
2021/03/22
【どう薬膳する#11】今日は「春分」のおはなし 太田千絵
2021/03/19
【薬膳だより№12】今、カラダが欲しがる味は酸味 山下
2021/03/10
【豪州コラム 中島】初!薬膳スープの素
2021/03/05
【どう薬膳する#10】今日は「啓蟄(けいちつ)」のおはなし 太田千絵
2021/02/26
【薬膳だより№11】体調に合った味はおいしく感じる REIKOYAMASHITA BLEND 山下
2021/02/23
【豪州コラム】第7回 国際薬膳会議! 中島
2021/02/20
【お四国薬膳だより】#8春の薬膳~目のトラブル対策 清水
2021/02/18
【どう薬膳する#9】今日は「雨水」のおはなし 太田千絵
2021/02/11
【どう薬膳する#8】今日は春のおはなし 太田千絵
2021/02/10
【豪州コラム】あっという間に長夏! 中島
2021/02/10
【薬膳だより№10】春に揃えっておきたい生薬 メンタルヘルス薬膳 山下
2021/02/05
【どう薬膳する#7】今日はビーツ 太田千絵
2021/01/31
【薬膳だより№9】こころの元気度チェック メンタルヘルス薬膳 山下

【薬膳だより№18】暑いときのお役立ち「洛神(らくしん)」は… 山下


日中の気温は30度を超すようになってきた日本です。

暑いとき、熱を抜く必要性と、薬膳の人気アイテムをご紹介します。
熱中症対策にも役立ちます。

🌞 🌞 🌞 🌞 🌞 🌞

 

日本の夏は気温が上昇します。紫外線も強くなり、心臓ラインも多忙、体温調節がうまくいかず、疲れ果てて夏バテになるというケースが多いようです。これは『気』の減少と深く関わっています。気が減少すると、疲労が増える!という関係性があるため、気を補うこと(補気)が大切です。

 

さて、

 

〇紫外線と戦うこと 〇汗をかくこと 〇お腹を冷やすこと
これは「気を消耗」する三大要因。消耗したら補うことと、出すぎないように整えることが必要です。「気」を補うために頑張る臓腑が「脾と肺」。ご紹介する洛神は「脾と肺」がヒートアップしないように働きかけ、「気」を作りやすいコンディションを整えてくれます。

 

 

◎ご紹介するのは洛神(らくしん)

ハイビスカスの仲間ですが、ハワイなどでレイに使われるような観賞用ハイビスカスの花とは違います。アオイ科ハイビスカスローゼルのガクです。(酸涼/心大腸脾胃(解暑・活血・美肌))

 

 

 

【スッキリしたい時の寒涼性】
〇全身にこもった熱を抜く
〇夏の味方、暑いときの味方
〇酸味と甘味で体調を整える
〇気を作りやすく調整する
〇動悸や血圧を落着かせたり
〇血のめぐりを高めて回復
〇むくみ無しスッキリ美肌に

 

♡ ♡ ♡ ♡ ♡

 

 

花のガクを乾燥させると下のようになります。これをお湯に入れると涼しそうな色合いになります。温かいうちにお召し上がりいただけますが、アイスにすると更に美味しくなります。

 

新入荷!!お求めは画像クリックで]

 

 

♡ ♡ ♡ ♡ ♡

菊花(きくか)棗(なつめ)甘草(かんぞう)と組み合わせるとパワーアップ! ※冷えている方はほうじ茶かジャスミン茶、冷えていない方やほてりのある方は緑茶をベースにするとおいしくなります。

 

 

 


[薬膳茶にする場合]
ブレンドした材料を大さじ山盛り1杯に対し、沸騰水500ml~1Lを入れ、10分ほど蒸らして下さい。(硬いものは3分ほど煮だすか長めに蒸らす)

※お好みによりお湯の量、浸水時間を調節してください。
※最初にさっと水に通すと雑味がなくなります。
※農薬検査などをクリアした生薬を使用しています。
※勉強に役立つ中医学的作用(食性・食味・帰経・働き)の表記付き
保存方法:多湿を避け冷暗所で保存
賞味期限:商品に記載
加工者:高瀬茶業組合
送料:茶シリーズ合計金額5,400円以上で送料無料

 

 

     フォローお願いしますm(__)m



 

 



 

【薬膳だより№17】早くても遅くても梅雨は「長夏」 山下


❤️ほんとうの薬膳

☔ ☔ ☀ 🌤 ☔ ☔

 

 

日本では、半月ほど早く梅雨になりました。
梅雨は湿度が高く、不安定なお天気という特徴があります。
中医学では、夏でも高湿度の期間を「長夏」としています。

 

「長夏」は特に消化器系から不調をおこします。
消化器系は、気血を作るところなのでバランスが崩れるとココロと身体も崩れます。
特に今年はコロナストレスと重なって体調が崩れる方も続出しています。
長夏ケアのベスト7、できるところからやってみてください😊

 

 

 

長夏にこのような症状が起こりやすい方は、長夏ケアベスト7をお試しください!(^^)!

 

◯湿が高まり #湿邪 となる
〇湿邪がココロと身体を犯す
◯この時期は消化吸収が落ち
#うつうつ感 が増え
〇気力が落ちる

 

 

    

 



【薬膳だより№16】メンタルやカラダが弱ったとき「いりこ」 山下


いりこ(煮干し)は強い味方

🐟🐟🐟

 

西日本では 「いりこ」 と呼ぶ煮干し。
原料は〝カタクチイワシ(片口鰯)〟

 

 

 

 

 

香川県、讃岐うどんの出汁に欠かせないのもいりこ。香川県西部の観音寺市から約10㎞にある伊吹島の 「伊吹いりこ」 は日本一といわれている。魚場と加工場が非常に近く、漁獲から加工まで全てを漁師さんが行うことで鮮度を保った上質ないりこができるそう。網を引き上げてから10〜30分以内に加工場へ運搬できるとか。

 

 

🐟 🐟 🐟

 

薬膳的にもうれしく、五月病などメンタル不全気味な方にもオススメ❣️

 

 

頭、身体、ココロをトータルで元気にしたり、疲れ目や老化防止、コレステロール調整にもやくだつ優れものです。このような働きがあります。

◎いりこは、脾肝腎心の経絡を温める(甘鹹)
◎いりこは、気と血を補う
◎いりこは、免疫力を高める
◎いりこは、血のめぐりをよくする
◎いりこは、精神を安定させる
◎いりこは、自律神経を整える
◎いりこは、不眠や動悸を整える
◎いりこは、疲れ目、かすみ目を改善する
◎いりこは、美肌、老化防止にも役立つ
◎いりこは、コレステロールを調整する
◎いりこは、骨や筋を強くする

 

基礎から学ぶ薬膳教室ではこのようなことを学びます。
あなたに合った学び方がきっと見つかることでしょう。

 

 

🐟 🐟 🐟

 

 

 

讃岐うどんの「純手打うどんよしや」で人気の季節メニュー、
「イリコかけ豚」に使われているいりこオイルの作り方をご紹介。

 

【作り方】

①上質ないりこを用意。。。。。。。。。
②内臓を取り除く。。。。。。。。。。。
(小さい骨が手に刺さるので注意(笑))
③フードプロセッサーにかける。。。。。
④約3倍のお好みのオイルに入れて煮る。.
(焦げないようかき混ぜながらがポイント)
⑤泡が小さくなったら火からおろして冷ます

 

 

 



 

【薬膳だより№15】土用開けました。今日は『立夏』 山下


さぁ!今日は立夏。
『夏』の気が入ってきます。

 

土いじり解禁の日です。雨で土が柔らかくなっているので草抜きにも良さそうですね。
立夏から夏至に向けて増えていく夏の気と身体について中医学の面からお伝えします。

 

 

🌊💦🌞👙🎐🌳🍧🐍

 

 

 

💦夏に体調を崩すメカニズム
夏は汗が多く出る季節。汗は身体の「津液(水)」と「氣」を消耗させます。そこに暑邪が侵入すると…。毛穴が開きっぱなしになり、津液と氣がどんどん減ることで気血水のバランスが崩れ、体調不調が現れる。というのが夏の不調のメカニズム。

 

 

🔥このような症状がでたら…!注意!(暑邪が関係する諸症状)
・顔が赤くなる
・寝れない(睡眠の質低下)
・動悸、息切れ
・口や喉の渇き
・尿の色が濃くなる、少なくなる
・落ち着かず煩わしい気分になる
・脈が速くなる
・めまい
・疲れてだるい
・食欲不振
・高熱が出る
・熱中症、脱水症状

 

 

🌞中医学薬膳でいう夏

*夏は五行では「火(心の経絡)」性質は炎上、温熱、上昇、明るいもの
*身体では心臓、小腸、脈、、舌(舌先)、汗、顔色に反応が現れる
*「喜」ぶ感情が沸き上がる
*「暑(しょ)」⇒暑邪となって体に侵入する
*夏に関連の深い臓腑「心(しん)と小腸」のふたつの働き
1)血液を送り出すコントロール(主血)
弱まると⇒動悸、不整脈、体温が上がりすぎる
2)感情、思考、意識、判断など精神的な働きを司る(蔵神)
弱まると⇒精神不安定、不眠、悪夢、記憶力減退

 

 

🍧夏養生の薬膳的ポイント
・水分やミネラル、塩分を早め早めに少しずつ補給
・クーラーの効いたところでは、着替えるなど冷えすぎない対策をとる
・早寝早起きで陰陽の気を養い、体力充電
・クールダウンの清熱(せいねつ)、エネルギー充電の補気(ほき)、水分補給の生津(せいしん)、精神安定の安神(あんじん)するものを摂る
・酸味のものを食べる
・気血水のバランスをとる(薬膳酢の素

 

 

 

🥒食材ではこんなもの

🍧身体の余分な熱をとる(清熱)
ハト麦(ヨクイニン)、緑豆、冬瓜、ナス、キュウリ、ゴーヤ、トマト、西瓜、バナナ、キウイ、スダチ、薄荷(はっか)、枸杞葉(くこよう)板藍根(ばんらんこん)金銀花(きんぎんか)菊花枇杷葉柿葉スギナ女貞子(じょていし)決明子(けつめいし)桑葉(そうよう)桑椹子(そうじんし)枳実(きじつ)

 

 

🥔消耗した氣を補う(補気)
芋、米、豆、、ブドウ、シイタケ、とうもろこし、アボガド、山芋、鮭、甘草

 

 

💦消耗した水分を補う(生津)
豆腐、トマト、オクラ、、レモン、スダチ、梨、イチジク、白木耳、桃、牛乳、緑茶

 

 

🌳精神を安定させる(安神)
蓮肉ゆり根竜眼肉合歓皮(ごうかんひ)酸棗仁(さんそうにん)アーモンド、珈琲、小麦、ひじき

 

 

 

たくさん書いてしまいましたが、夏養生は秋の身体づくりになります。肌が乾燥しやすい方や、咳が出やすい方ははやめの夏養生からとりくみましょう。

 

 

 

讃岐うどん店では、そろそろ夏の人気メニュー「すだちひやひや」もでてくることでしょう。

 

 

 

四国薬膳研究会 国際薬膳師山下れい子

 



 

 

 

 

 

 

 

【薬膳だより№14】昨日から土用に入りました。土用と薬膳 山下


昨日から春土用に入りました。
土いじりはお控えください。

 

 

*中医学では『土』は消化器系。
消化器系が不調を起こします。

 

 

消化器系が不調になる土用対策

 

【春の土用期間】
2021年は4月17日~5月4日

 

【間日(土いじりしても差しさわりの無い日)】
4月19、27、28、
5月1日

 

【春土用の食べ物】を食べましょう!
・「戌」の日に「い」のつく食べ物や、白い食べ物
・いわし、芋、いんげん、いちご、無花果、白木耳、豆腐などなど
・「戌」の日は4月20、5月2日

 

 

*2020年版ですが土用についてはここ
*季節ごとの土用に食べたらいいもの
*土用の起源はうなぎじゃないよ。陰陽道神の土公神

 

四国薬膳研究会 山下れい子



 

【薬膳だより№13】今年は少し早いようです。カラダが欲しがる清熱 山下


天神合一と申しましょうか。
保存食も春夏仕様がいい。

🌞🔥🌳👀🌱🌻

 

 

大自然の流れの中で暮らしている私たちにとって、その変化はカラダへと波及していきます。例年ですと、日本では5月GWの立夏頃に夏の欲求が生まれるのですが、今年はいつもより早くカラダの中で夏の欲求が起こっているようです。清熱の準備が必要です。

 

 

そもそも気候が不安定な春は、時としてカラダに熱がこもることもしばしば。疲れ目、乾燥目、肩こり、咳、頭痛、肌や頭皮の痒み、ホットフラッシュ、寝汗、舌のピリピリ感、尿が濃いなどの内熱症状も現れることでしょう。そんな時の薬膳お役立ちアイテムをご紹介します。

 

 

薬膳はちみつ大根(生薬入り)

 

[材料(量はお好みで)]
・生大根:熱をとり、気の高ぶりケア
枸杞子:潤い、疲れ目、老化、ケア
板藍根:熱、喉痛、頭痛、炎症ケア
金銀花:熱、喉痛、頭痛、炎症ケア
・はちみつ:潤い補給、咳、痛みケア

 

[作り方は簡単]
1.生大根を好きな形に切って容器に入れる
2.生大根がつかる程度に、はちみつを注ぐ
3.乾燥の枸杞子、板藍根、金銀花を入れる

 

 

*10分ほどで大根の水分が上がって乾燥生薬も漬かります。その汁を飲む。炭酸や水で割るとソフトドリンクとして楽しめます。夏場は冷蔵庫保存で半年もちます。熱中症対策の一品にも。

 

その前に使ってしまってなくなりますが(笑)
疲れやカゼが咽からくる人には、かかせない保存食です。

 

四国薬膳研究会
国際薬膳師 山下れい子

 



 

【豪州コラム】大雨を経て秋突入 中島


去年から始まったラニーニョの影響で雨の多い夏を越し、一雨ごとに秋が深まるゴールドコーストからお久しい振りの中島です。

先日ほどではないものの、今日も雨。

今日で4日連続の雨、いつもの景色が懐かしい。

正に長夏を経ての秋です。

ほうれん草、柿、さつまいもは家庭菜園で穫れる無農薬。潤肺、健脾、補血。季節の野菜で季節の養生。

秋の訪れを肌で感じ、自然の営みに感謝し柿を戴く。これこそ薬膳なり。。

 



 

【どう薬膳する#11】今日は「春分」のおはなし 太田千絵


 

 

**週末どう薬膳する**

 

おはようございます(わーい)
身近な食材で季節の薬膳をご提案✨
今日は春分のお話🌸

個人的にはしっかり補血をしてくれる食べ物をたんと補給したいです(ほっ)

 

 

**自家製餡子のぼたもち**

 

 

〇小豆…美肌、便秘解消、浮腫対策、アンチエイジング
〇もち米…消化吸収を助け、下痢など解消、気力アップ

 

*小豆と同量の砂糖を計量しておく。
*小豆は事前に水には浸けません。

・小豆の量より多い水で沸騰させ、ザルに切り湯を捨てる
・再度同量の水で沸騰させ、今度は落とし蓋をして60〜90分煮込む。豆が水面顔を出したら足し水を繰り返しながら、柔らかくなるまで湯掻く
・豆が柔らかくなったら、砂糖の半量を加えヘラで混ぜる。残り全て加えヘラで混ぜながら水分を飛ばす。
・水分がなくなってきたら、塩を少し足して混ぜて餡子の完成
・別で炊いたもち米を適度な俵サイズに握り、餡子でまわりを包む。

 

 

↓↓↓良かったらご覧ください♫

今日も良い一日を(*^^*)

太田千絵



 

【薬膳だより№12】今、カラダが欲しがる味は酸味 山下


カラダが欲しがる味は季節ごとに変わる

寒い時期に美味しく感じるものは鹹味
暖かい時期に美味しく感じるもの酸味
暑い時期に美味しく感じるもの辛苦味
と、それぞれ違います。

 

気温の上昇と春の陽気に誘われて気血の過剰放出が始まります。
それをセーブするため「酸味」のものをカラダが求めています。

 

💛 ♡ 💛 ♡

 

先日の薬膳教室で、「春」をテーマに作った薬膳茶をご紹介します。

春といえば肝胆が主役。

春といえば血巡りが主役

春といえば自律神経不調

春といえば酸を欲しがる

春といえば陽気に変わる

春といえば熱が上昇する

春といえば目が疲れる👀

春といえば…と、
イメージを膨らませながら3グループでブレンドしたものです。

 

 

 

・肝と肺の余分な熱をとってスッキリさせる菊花(きくか)
・酸味の山査子(さんざし)、酸味の烏梅(うばい)
・疲れ目には肝を助ける定番、枸杞子決明子 を使ったグループが多いようでした。

これらの組み合わせを冬に飲むと酸っぱく感じますが、今は体にしみこむ感覚でスッキリ美味しく感じるようです。

 

🍓スーパーにあるものですと
イチゴ、プルーン、ブルーベリー、ブドウ、キウイ、パイナップル、アボガド、梅、スモモ、琵琶、マンゴー、ハイビスカス、桑の実、ザクロ、柑橘類などフルーツ系が多いですね。

 

 

基礎から学ぶ薬膳教室ではこのようなことを学んでゆきます。ワンデイ受講は随時募集しています。

 

 



 

【豪州コラム 中島】初!薬膳スープの素


こんにちは、ゴールドコースト中島です。


海老芋ができました。トトロになりきる娘っ子、鈴。

日曜日は車で1時間ほどドライブしてチャイナタウンへ薬材の買い出しに行ってきました。アジアンスーパーでも充分。薬膳の知識がなかった頃は素通りしていた棚も今はガン見しながらいつも新しいものを買うようにしています。

今回はこれ!なんじゃこれ!

全部中国語なのでとりあえず、分かる範囲で作ってみた。もっと「なんじゃこれ!」が増し増し…

何が入ってるか調べよう…

高麗人参、茯苓(ぶくりょう)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)熟地黄(じゅくじおう)生姜(しょうが)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)、川芎(せんきゅう)白朮(おけら)

とりあえず鍋だわ。

出汁の色から想像するのは四国建国村の薬草湯。なんやったらそんなような匂いもしていた。お味は苦い様な、無味のような。。っと初めは微妙でしたがお塩を加えたり、腐乳で各自味を調整したりしながらいただきました。

初・薬膳スープ、研究が必要です😅💦

あ、そうそう!今回は買いませんでしたが地元のスーパーで生龍眼を発見!

 

追記:この晩、鈴は元気になり過ぎたのか夜中まで寝れなかったそうです。私は翌日スッキリ感と共に目覚めました。

 

 

 

【どう薬膳する#10】今日は「啓蟄(けいちつ)」のおはなし 太田千絵


 

 

**週末どう薬膳する**

 

こんにちは。身近な食材で季節の薬膳をご提案✨
今日は啓蟄(けいちつ)のお話(ほっ)

香りの立つもので巡りを整えて行きたいですね(笑顔)

 

 

 

***筍と大根の牛肉柚子胡椒煮込み***

 

 

〇筍…便秘解消
〇大根…消化を助け疲れてる時の食事には加えたい
〇牛肉…パワーチャージ
〇柚子…気の巡りを整え、食欲不振解消にも
・大根と筍はそれぞれ火の通りやすい薄さに切る。牛肉は塩・片栗粉をまぶしてもみ込んでおく
・牛肉をプライパンで色が変わるまで炒め、いったん取り出しておく
・大根は透き通るまで同様にフライパンで焼き、だし汁に大根タケノコを入れ15分ほど煮込む
・牛肉を入れ煮たせたら柚子胡椒をいれ混ぜて完成。

あいにくの雨天ですが…
温かくしてお過ごしください(わーい)

今日も良い一日を(*^^*)

太田千絵



 

【薬膳だより№11】体調に合った味はおいしく感じる REIKOYAMASHITA BLEND 山下


BLEND薬膳茶を飲み比べてみませんか?
「体調に合ったブレンドはおいしく感じる」
という陰陽五行の五欲理論があります

 

 

ビールがおいしから調子がいい!
疲れたから甘いものが食べたい!
など…、日々調子が違うように、
カラダが欲しがる味も違います。

 

 

[ REIKOYAMASHITA BLEND  姉妹品 ]
組合わせ自由 6個お求め割引3,000円

(540円/2回分 一袋)

 

 

*自分の体調変化をいち早く知る方法に「味覚」があります。中医学薬膳では、五臓が欲しがる味を「五味五欲(ごみごよく)」といい、体調変化をいち早く知るサインとしています。今日はどの味がおいしく感じるでしょう?おいしく感じた味に対応する五臓が疲れ気味ということになります。おいしく感じた味を補給して体調を整えましょう!

 

 

肝は酸味     (かんはさんみ)
心は苦味     (しんはにがみ)
脾は甘味     (ひはあまみ)
肺は辛味/香辛料系(はいはからみ)
・腎は鹹味/塩分系 (じんはからみ)

 

REIKOYAMASHITA BLENDは中医学薬膳の理論を取り入れたブレンド薬膳茶です。お試しください。

 



 

 

【豪州コラム】第7回 国際薬膳会議! 中島


お久しぶりです、豪州ゴールドコーストより 中島です。今日は月に一度、薬膳仲間の交流会を我が家で開催する日です。2020年の2月にれい子先生にお越しいただいてからちょうど12ヶ月!まだまだゴールドコーストの薬膳熱は続いておりますよ!

国際薬膳会議って大袈裟なタイトルですが、何をしてるんですか?と言うあなた!心の声は聞こえていますよ。

なのでお答えしましょう。

 

こんな事しています。

あ、デザート撮り忘れた!

うそうそ。

まず、開催前にテーマが発表されます。そして、現地参加者は食性と、体調を考慮した一品作って集合。その後、テーマに沿った関連臓腑のレクチャーで不調時のサインや、季節の注意事項をおさらい。

今日は長夏真っ最中の豪州、脾・胃について学びました。

日本と繋がっていればれいこ先生御一行さまと情報交換・舌診大会です。

今日は残念ながら日本とは繋がれませんでしたが今日もメンバーと賑やかに過ごせました。

レギュラーメンバーの淑子さん、薫子さん❤️

 

来月は3月23日 火曜日 日本時間12:30からです。是非、覗きに来てください。

【お四国薬膳だより】#8春の薬膳~目のトラブル対策 清水


#8春の薬膳~目のトラブル対策

 

暦でいう立春~立夏の前日までが「春」

春は植物が芽吹き、上へ上へと気が上がり、人間も体調のバランスが崩れやすくなります。

目のトラブルも起こりやすい季節です。

 


 

*薬膳ヒント*

 

春は目の栄養を担う「肝」が弱り心身の疲れも合わさって目のトラブルにつながりやすい。

まずは目を休めること。

パソコンやスマホなどから意識して目を休める時間を作りましょう。

「酸味」は肝の働きを助けてくれます。

梅干し、トマト、かんきつ類など酸味のある食材「酢」を使った酢の物、サラがおすすめ。

 

   

 


*薬膳おすすめメニュー* 果実酢ドリンク

 

 

スーパーや道の駅などでも、地域の特産果物などの「果実酢」が多く見られます。

シンプルにお水やお湯で割ったり、牛乳や豆乳を入れてマイルドにしたり、調味料として使ってもいいですね。

「肝」が弱りやすい今の時期には、ぜひお手軽に果実酢ドリンク」を取り入れてみてください。

 

酢に漬けるだけで防衛力が上がる「薬膳酢の素」で作るドリンクや酢の物もおすすめです。

食べる目薬と言われる「枸杞子(クコの実)」も入っていますよ。

薬膳line-SHOPでお求めください!

 

・酢(適応)下痢、腹痛、魚毒の緩和、殺菌、体力回復(効能)活血、化瘀、消積、消腫、軟堅、解毒、療瘡、(性味)酸苦/温(帰経)肝胃
・枸杞子(適応)ふらつき、めまい、視力減退、涙目、腰膝倦怠(効能)滋補肝腎、明目、潤肺(性味)甘/平(帰経)肝腎肺

詳しくは、お家にある食材で作る「薬膳料理教室」へ!

 

 



【どう薬膳する#9】今日は「雨水」のおはなし 太田千絵


 

 

**週末どう薬膳する**

 

【雨水】2月18日
降る雪が雨に変わるとされている時季…のはずですが、真冬に戻ったような寒さが続いている関西ですね😅そして梅の花が見頃を迎える頃でもあり、関西でも五分咲きや満開情報が出てますが…この寒さで一旦止まってしまいそうですね…。先週末ジャケットで過ごしてアイスクリームを食べていたのが嘘のようです。。。

 

引き続き溜まった毒素を排出する食習慣は続きます🍚
苦いもの、香りのするもの、身体を温めるもの、など選んでください。春の山菜が食卓の中心になっていたら、正解です✨

◯キャベツ…美肌作りやむくみ解消、さらに胃腸の働きを助けます。

◯菜の花…気血を巡らせ、肩こりや不眠解消、滞る体の毒素を体外に排出します。
◯えのき…食欲不振や虚弱体質の改善、疲れやすい時、免疫力を高めたい時に。
◯スパイス…気を巡らせ血行を整え、身体を温めます

 

 

****芽キャベツと菜の花のスパイス炒め****

**recipe**
・芽キャベツは縦半分にカット、菜の花は食べやすい長さにカットします。
鶏むね肉は繊維に直角になるように包丁を入れ食べやすい大きさにカットします。
えのきはいしづきを取り除いてほぐしておきます。

・オリーブオイルで芽キャベツ、菜の花をそれぞれ炒めて一旦取り出しておく。

・鶏むね肉を同様に炒め、火が通ったらえのきを加える。

・カレー粉(お好みのスパイスで可)を加え、芽キャベツと菜の花を戻して軽く和える。

 

 

※スパイスの代わりに、「バター醤油」「アンチョビバター」などもマッチすると思います!
同様の手順でお試しください。

 

 

雨水に雛人形を飾ると、良縁に恵まれるとされているので立春ではなく今日を選んでお雛様を出すご家庭もあるのではないでしょうか🎎

 

皆さまどんな風に今日を過ごされますか?次はお雛祭りが明ける頃に。それまで暖かくお過ごしください。今日も良い一日を(*^^*)

太田千絵



 

【どう薬膳する#8】今日は春のおはなし 太田千絵


 

 

**週末どう薬膳する**

こんにちは(ほっ)
身近な食材で季節の薬膳をご提案✨
今日は立春のお話🌸

ポイントは薫りのある食材です(わーい)

 

 

**セロリと大根の梅和えさっぱりサラダ**

◯セロリ…心を落ち着かせストレス緩和と解毒作用も兼ね備えてます
◯大根…辛味の食材で冬眠で凝り固まった体を目醒めさせます
◯梅干し…疲労回復と解毒作用、消化吸収も助けます
◯柑橘系…気を巡らせ香りでストレスを和らげます

 

 

*recipe*
・大根は薄いくし型にカットし、塩をふって余分な水気を取っておく
・梅干しは種を取り除き、包丁で叩いておく
・セロリ、柑橘系(なんでもOK)は食べやすい大きさに切っておく
・全ての材料を混ぜて、完成です(うまー)

↓↓↓良かったらご覧ください♫
https://www.instagram.com/p/CK2I0bOsbma/?igshid=1

 

 

1週間お疲れ様でした(*^^*)また来週✨

 



【豪州コラム】あっという間に長夏! 中島


2月に入り、節を跨いだことで一段と湿度が上がったゴールドコーストです。そう、長夏(梅雨のことです)に突入を体で感じています。

 

 

月に一度 豪州、日本総領事邸に娘と生花のレッスンに伺います。今月のお花は夏を代表する百合!自由花だったのでセンスのない母娘でも無事終了。

 

 


娘作

 


私作

 

 

 

 

この夏は特に蒸してましたが、長夏(梅雨時期)を迎えさらに湿気度アップ。消化器官は湿気を嫌いますから手厚いケアーが必要な時期突入です。

 

 

 

ランチはオサレなカフェで消化器官を温めながら貧血や肌荒れにも効果の鮭、しかもこれはスモークサーモンなので温性アップ⤴️⤴️身体の湿を取り除くローストオニオンが入った旨旨バケットと一緒にいただきます。

 

 

 

【まとめ】

知っていると知らないのとではメニュー選びから何気ない日常の景色まで変わってきます。生活が豊かになった薬膳3年目です。

 

いろいろな薬膳教室がありますのでのぞいてみてください
薬膳ショップ「学ぶ」

 

 



 

【薬膳だより№10】春に揃えっておきたい生薬 メンタルヘルス薬膳 山下


春遠の訪れ…。心地よいですね。

🌸 🌸 🌸

 

 

前回の 「こころの元気度チェック」と、春養生や食材 でも少しお話しておりますので、春はメンタルヘルス不全(心の病)が起こるまたは悪化するというのは既にご存じのことでしょう。

 

さて、今回はそれを落ち着かせる生薬をご紹介します。

 

 

 

🌸陽の気が自然界に満ち溢れるのは春・夏。
🌸陽の気は温かく上に昇る性質があります。
🌸陽の気は生命を芽生えさせる性質があり。
🌸陽の気は息吹巻き散らす性質があります。
🌸陽の気は血酢水を消耗する性質があります

 

 

【過剰になるのを防ぐ春養生の生薬をご紹介】

3%引きでお求めいただけます

 

 

🌀気が昇りすぎておこる、頭痛肩こりや疲れ目、赤目、渇き、焦り、メンタル不全など上半身に出る症状を調整する働き

枸杞葉(くこよう)
女貞子(じょていし)
菊花(きくか)
決明子(けつめいし)
桑葉(そうよう)
問荊(もんけい)

 

 

🌀荒れた息吹をからくるメンタル不全を調整する働き
五加皮(ごかひ)
枇杷葉(びわよう)
青皮(せいひ)
玫瑰花(まいかいか)

 

 

🌀消耗した血や潤いからくるメンタル不全を調整する働き
大棗(たいそう)
竜眼肉(りゅうがんにく)
艾葉(がいよう)よもぎ
枸杞子(くこし)

 

 

 

 

基礎から学ぶ薬膳教室は、「人それぞれの薬膳」「季節に合わせた薬膳」「舌診脈診」「料理教室」「薬膳スイーツ教室」などあります。いろいろな教室があるので、のぞいてみてくださいね😊3月スタートが多いですよ~

 



 

【どう薬膳する#7】今日はビーツ 太田千絵


 

 

**週末どう薬膳する**

おはようございます(*^^*)

カカオ70%以上のチョコレートは美肌に良い、ダイエット中でも食べれる、と自分を納得させて甘味のご褒美シーズン到来♫チョコレートのポリフェノールは高血圧対策などにも良いとされ、アンチエイジング、癒し効果があるので悪くは無いです(笑顔)

でも、今年のイベントはオンラインの勝代で♫出来れば野菜からも摂っていきましょう!

 

 

**今日はビーツ*

ロシア料理のボルシチ(の色付け)には欠かせない食材です。見た目はカブや大根のようですが、ほうれん草の一種。旬は初夏と冬の2度(にこ)

血圧を下げる働きを持つカリウムや、お腹の調子を整える食物繊維も豊富。赤い色のベタシアニンとゆうポリフェノールには抗酸化作用もあるのでアンチエイジングも期待できますね。肝機能を高めたり、生活習慣病予防にもオススメ!ビタミンB6や葉酸も含まれているので、女性が好むのも納得のお野菜です。

 

◯ビーツは気血のめぐりを良くし生理痛などの緩和も
◯ビーツは腸内環境を整え便秘改善に
◯ビーツは浮腫対策やアンチエイジングにも✨

 

 

ビーツならでは作れるピンク色の可愛いスープ。日頃ポタージュを作る方法と同じで問題ありません。私は玉ねぎみじん切り、コンソメスープ、塩胡椒、ブレンダーで鍋のまま潰します。あれば豆乳、なければ牛乳で解きます。ミキサーで潰してももちろんOKです!(洗い物が増えるのでブレンダー派ですw)ジャガイモと一緒に作ると淡いピンクスープが出来ます(わーい)

 

 

もちろん生のままサラダでも、ハーブやオイルと一緒にローストしても、煮ても楽しめる彩り野菜。神戸では地元のお野菜が集まる店頭でたまに見かけます。少しインターネットを検索すればその処理方法など色々動画があるので参考にしてみてください。

 

 

 

1週間お疲れ様でした(*^^*)また来週✨

 



【薬膳だより№9】こころの元気度チェック メンタルヘルス薬膳 山下


春遠からず…。というお天気で心地よいですね。

🌸 🌸 🌸

 

春はメンタルヘルス不全(心の病)が起こるまたは悪化する季節というのはご存じでしょうか?

 

 

中医学で春は自律神経と深く関わっているからです。春に起きやすい「怒りやイライラ」の感情は脳内ホルモン分泌に影響します。

 

そこで、私の得意分野であるメンタルヘルス薬膳の方向から、「こころの元気度チェック」を提案します。薬膳プラットホームになりますが、是非やってみてください!!春に有効な食材も載っています。

 

 

 

 

 

 

 

春遠からず…。
基礎から学ぶ薬膳教室は、「人それぞれの薬膳」「季節に合わせた薬膳」「舌診脈診」「料理教室」「薬膳スイーツ教室」などあります。いろいろな教室があるのでこちらものぞいてみてくださいね😊3月スタートが多いですよ~

 

 



 

SHOP
ページ先頭へ
copyright© yakuzen-line.com All Rights Reserved